東亜トレーディングGROUP
東亜トレーディンググループ
沈菜館
沈菜館店舗のご案内
ソソンジェ
ハンビジェ
ポチャ
韓カルビ 大雲(ハンカルビ デウン)

会社概要

商号 東亜トレーディング株式会社
本社 〒182-0035 東京都調布市上石原3-58-40
TEL 042-443-0788 FAX 042-443-0789
会社設立日 昭和62年8月
資本金 2,000万円
決算期 毎年3月末日(年1回)
年商 50億円(グループ合計)
代表者 代表取締役 大田浩次
従業員 600名
営業種目 キムチ・ナムル他、韓国伝統食品の開発・企画並びに卸・販売/
食料品の輸入及び国内卸・販売/飲食店の経営
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 成城支店/三菱東京UFJ銀行 新宿支店/
みずほ銀行 調布仙川支店
製造工場 株式会社沈菜館
登録商標 『沈菜館』

代表挨拶

 昨今、日本に於いても「韓国の文化」が定着してまいりました。

 2002年の日韓共同開催のサッカーワールドカップや2004年の韓国ドラマの影響も後押しして、日本から韓国への旅行客数も増加しています。さらに、以前全国に約1,400店舗だった韓国料理店は、現在では2,400店舗にまで急増した事も、韓国文化への関心の高まりのあらわれかと存じます。

 私たち東亜トレーディンググループは1987年に設立し、その「韓国の食文化」をいち早く日本に発信して参りました。 韓国の食生活の中で最もポピュラーで、美味しさで親しまれ、食卓に欠かせない「キムチ」・「ナムル」の本格派専門店として、韓国の食文化を通じ健康で豊かな食生活に貢献するという企業理念に基づき、高品質でオンリーワンの商品づくりを目指しながら、創業から今日に至っております。

 当社の商品は、厳選した旬の食材と素材、本場韓国の熟練のキムチ・ナムル造りの専門技術者により丁寧にひとつひとつ調理・製造され、こだわりを持って万全の衛生管理を行っています。そして、より多くの皆様に‘本物’の食材を楽しんでいただくために、商品を熟知したスタッフによる心を込めた販売サービスも徹底しております。

 また、弊社レストラン事業では、食のライフスタイルに合わせ3つのタイプの店舗を展開しております。「素饍齋(ソソンジェ)」は、モダンでスタイリッシュな雰囲気を味わいながらコース料理も楽しんで頂ける高級韓国料理店。カジュアルな韓国料理をコンセプトにした「韓美膳(ハンビジェ)」は、バラエティに富んだヘルシーな韓国の家庭料理店。そして、気軽にお一人様でもご利用いただける「ポチャ」では、韓国の活気ある屋台をイメージした雰囲気の中で韓国のタウンフードを味わえる店として、それぞれ展開しています。

 これらのように、販売事業もレストラン事業もさまざまな形でより多くの皆さまへ総合的な韓国の食文化をご提供させて頂いております。

 また当社は、東アジア(日本・韓国・中国)の個性と発想の豊かな若い力を多く集結している企業です。「韓国の食文化」を多くの人やエリアへ伝え、定着させるという、一つの目的を共有し、協力しながら日々の業務に携わっています。それは「韓国の食文化」を通じ、日本はもちろん東アジアへの社会貢献にも繋がると考えています。 さらに、事業の展開においても、今後は日本のみならず他のアジアなどへの進出も視野に入れ、ひとりでも多くの方に韓国の食文化を広げて行く所存でございます。

 これからも、より良い商品・サービスをご提供できるよう社員一丸となって邁進してまいります。

東亜トレーディンググループ代表大田浩次

沿革

昭和62年08月 韓国食品・食材の輸入及び、国内販売を目的に東亜トレーディング株式会社設立。
平成04年04月 製造・品質管理の徹底の為、製造部門を独立。株式会社沈菜館設立。
平成05年02月 当社の販売商品の商標として、「沈菜館」を特許庁に出願。 
平成7年8月31日登録(登録番号3067754)
平成08年09月 世田谷区給田に新社屋竣工。工場開設。営業本部とする。
平成16年12月 調布市上石原に本社及び工場を移転。
平成19年12月 製造工場を含めた本社屋に於いて、ISO9001品質マネジメントシステムを認定取得。
平成20年03月 港区麻布十番に韓国家庭料理店「素饍齋」一号店をオープン。
平成21年11月 レストラン事業 株式会社東亜フードサービスを設立。
平成24年04月 業務用卸事業 株式会社沈菜館販売を設立。
(百貨店59店舗、レストラン13店舗、フードコート1店舗を展開。2012年6月現在)

組織形態

東亜トレーディンググループ組織図

東亜トレーディング株式会社  株式会社 東亜フードサービス  株式会社 沈菜館  株式会社 沈菜館販売